FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
アフィリエイト ブログ広告ならブログ広告.com アフィリエイトならリンクシェア
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。サンプル・イベント・モニターならBloMotion
あなたのカラダにも乾燥注意報!! ≪乾燥≫と≪老化≫の密接な関係!? 今すぐチェック!!  SEO対策無料音楽同棲無料

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産のスペシャリストの話。

不動産鑑定士と資格がある。三大国家試験といわれるその
難易度は非常に高くって、2001年の合格率14.9%から2006年に
新制度に移行し今ではわずか2%の合格率らしい。
その難関試験に合格した後は、1年間の実務修習を受け、やっとの
ことで不動産鑑定士になれる。一筋縄では不動産鑑定士にはなれない。

不動産鑑定士というお仕事、不動産を正しく鑑定・評価し正しくコンサル
ティングするという、景気に左右されない需要がある、不動産のスペシャ
リスト!難関試験をクリアし、実務修習を終了した暁には、「将来の不安って
なに!?」というくらいの超安定ライフを送ることができるのは間違いないっ

不動産鑑定士のような大それた資格ではないものの、私も以前「宅地
建物取扱主任者」にチャレンジしたことがあったんだ。
仕事がハードで一日18時間は仕事をしていた。資格予備校に通ったが、
まともに勉強するのは週一回の4時間の講義のみ。夜間の受験対策
講義には出席することができず、宿題を仕事中の休憩時間にこなす、
ひどい時は提出すらできない。そんなズサンな勉強法だったもんだから、
結果は言うまでもなく不合格。

最後の1ヶ月だけ、退職して試験勉強に打ち込んだ。短期集中で詰め
込めば、なんとかなるかも?と思ったんだけど・・・やはり、応用が全く
効かない。試験会場の魔物に、詰め込んだ知識が一瞬で吸い取られる。

結果は不合格。当然の結果だ。
それでも、そんなズサンな勉強法をしていたわりに2点足らずの不合格。
キチンと予備校に通っていれば、合格率30%を誇るその予備校の
謳い文句は、本当だと証明できたかもしれない。

話はそれちゃったけど、不動産鑑定士については超難関試験という
だけに、もちろん短期詰め込みをおすすめしない。
出来れば予備校に通って「やり込む」のがいいかと。

不動産鑑定士についての詳しいことを教えてくれる不動産鑑定士ガイド
見て興味を持ったあなたも、不動産のスペシャリストににチャレンジしてみては?
スポンサーサイト







 (お持ちのサイトがありましたらご記入ください)






管理者にだけ表示を許可する


↑Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。